どんなものを作ってもらえるのか

スタンド看板

通常の看板では物足りない、路地裏等の目立たない所に店があるため、目立つようにしたいと悩む事業主の方もいるのではないでしょうか。そんな人たちの悩みを解決に導いてくれるのが、電飾看板です。夜でも人目に付きやすい等のメリットがありすぐに作って欲しいと考える方も少なくないでしょうが、作り方を知ってから依頼するとなおよいでしょう。まず、電飾看板作りはスタンド本体のタイプ選びから始まります。大まかに分けて、店舗名等をシート出力してスタンド本体に貼り付けるようなタイプと、電飾看板の中に紙のポスターを入れるタイプがあります。なので、店舗名等を電飾看板にしたい場合は前者を、飲食店等のメニューを掲示したい場合は後者が向いています。スタンドのタイプを決めたら、その大きさに合わせた店舗名や表示したい文言のデータを作成します。そしてそれをスタンドに貼り付ける等して、完成に向かっていきます。

その業者がどこまで行ってくれるかも知ろう

集客力アップ等課題解決につながる電飾看板作りには、頼れる業者探しが欠かせません。まず、依頼しようとしている業者が電飾看板作りのどこまでをやってくれるのかという点を確認する必要があります。理想としては、看板デザインの立案から設置の施工、さらに自社施工のアフターフォローがある所がよいでしょう。特に、看板デザインの立案をしてくれる所はこれまでのアイデアが蓄積されているので、修正すべき点が明確にできるというメリットがあります。また、アフターフォローを自社施工でしてくれる所というのも、作業をスムーズに行うという面から重要になります。以前設置してもらった人が居れば話もスムーズですし、連絡ミスが少なくなります。

その他色々な点に目を通そう

また、他にも色々目を通しておきたいポイントがあります。その一つが料金面で、単純な価格比較はもちろん、どこにどれだけかかったかを明確にしてくれる所を選ぶとよいでしょう。電飾看板業者選びの失敗例で多いのが、見積もりよりも追加料金等で大幅に上乗せ費用がかかってしまったという例です。こうしたことがあると、追加で金策をしなければならない可能性が出てきたり、設置の際に雰囲気が悪くなったりします。ホームページに大まかな料金例があればそれを確認し、そうでなければ打ち合わせの際に細部まで質問をする必要があるでしょう。さらに気にしておきたいのが、これまでどんなジャンルの電飾看板作りをしてきたかという点の確認です。自分たちの店舗と同じジャンルの看板制作が得意なところであれば、自分たちの理想とする電飾看板を手に入れられる可能性が高いでしょう。業者のホームページで掲載されている所も今では少なくないため、実例を見て判断してから選ぶ手もあります。

広告募集中